100万人の心の緑化作戦
contents活動内容名句名言出版物お問合せ・参加申込
名言紹介
【名句061】韓非子より 威少なき者は、下 上を侵す。
【名句062】宋名臣言行録より 才は才なり。人となりを顧みるに、人の上に在らしめんや。
【名句063】論語より 徳は孤ならず、必ず隣あり。
【名句064】正法眼蔵随聞記より 善縁に会えば心良くなり、悪縁に近づけば心悪くなるなり。
【名句065】言志四録より 聖人は九族を親しむ。
【名句066】菜根譚より 水の清めるは常に魚無し。君子は垢を含み、汚を納るるの量を存すべし。
【名句067】貞観政要より およそ大事はみな小事より起こる。
【名句068】老子より 人を殺すこと衆き、哀悲を以て之に泣き、
戦勝は葬礼を以て之に慮る。
【名句069】三国志より 言その実を過ぐれば、大いに用いる能わず。
【名句070】韓非子より 愛多き者は、即ち法立たず。
【名句071】菜根譚より 道徳を棲守する者は、寂寞たりとも一時なり。
【名句072】論語より 速やかならんことを欲すれば、達せず。
【名句073】言志四録より 分を知り、然る後に足るを知る。
【名句074】老子より 大器は晩成、大音は希声、大象は無形。道は隠れて名無し。
【名句075】宋名臣言行録より 第一に清畏せよ。人の知らんことを求むるなかれ。
【名句076】三国志より 早く大計を定め、衆人の議を用うるなかれ。
【名句077】論語より 益者三友、損者三友。
【名句078】貞観政要より 草創と守成と何れが難きや。
【名句079】菜根譚より 人の悪を攻むるに厳なることなかれ。
受くるに堪うるを思うことを要す。
【名句080】正法眼蔵髄聞記より 私曲を存ずることなかれ。
<<前へ 次へ>>

『人間学読書会』で名句名言を学んでみませんか?
  人間学読書会についてはこちら
copyright o-hara