100万人の心の緑化作戦
contents活動内容名句名言出版物お問合せ・参加申込
名言紹介
【名句121】菜根譚より 己を捨てては、その疑いに処することなかれ。
【名句122】韓非子より 礼の繁きは実心衰うればなり。
【名句123】言志四録より 平日の信は、効を臨時に収む。
【名句124】言志四録より 誠の物を動かすは、慎独より始まる。
【名句125】三国志より 読書百遍にして義自ら見る。
【名句126】菜根譚より 学者は、精神を収拾して一路に併帰するを要す。
【名句127】正法眼蔵随聞記より 無用の物、これ貯えてなにかせん。
【名句128】韓非子より 一一にしてこれを聴かん。
【名句129】論語より 怒りには、難を思う。
【名句130】貞観政要より 当今、国家、何事か最も急なる。各々我がためにこれを言え。
【名句131】老子より 功を遂げ身を退くは、天の道なり。
【名句132】老子より 大弁は、訥なるがごとし。
【名句133】宋名臣言行録より 人生いずれの処にか相逢わざらん。
【名句134】論語より 席正さざれば、座せず。
【名句135】菜根譚より 権門私竇には、脚を著くべからず。
【名句136】韓非子より 倹をもって国を得、奢をもって国を失う。
【名句137】言志四録より 情に従って情を制し、欲を達して欲を止どむ。
【名句138】言志四録より 諫めを進むる者はすべから虚懐なるべし。
【名句139】正法眼蔵随聞記より 人は必ず陰徳を修すべし。
【名句140】言志四録より 初難を憚ることなかれ。
<<前へ 次へ>>

『人間学読書会』で名句名言を学んでみませんか?
  人間学読書会についてはこちら
copyright o-hara