100万人の心の緑化作戦
contents活動内容名句名言出版物お問合せ・参加申込
名言紹介
【名句201】菜根譚より 衰颯的の景象は、盛満の中に在り。
【名句202】韓非子より 功あらば疎賎といえども必ず賞し、
過ちあらば近愛といえども必ず誅す。
【名句203】論語より 学びて時に之を習う。亦説ばしからずや。
【名句204】貞観政要より 人を求めんと欲せば、必ずすべからく審らかにその行ないを訪うべし。
【名句205】言志四録より 動天驚地の極大の事業も、すべて一己より締造す。
【名句206】言志四録より 慢りは長ずべからず、欲はほしいままにすべからず。
【名句207】論語より いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らず。
【名句208】貞観政要より 流水の清濁は、その源に在るなり。
【名句209】老子より 聖人のよくその大を成すや、その終に
自らを大と為さざるを以て、故によくその大を成す。
【名句210】老子より 物、或いはこれを損して益し、或いはこれを益して損す。
【名句211】正法眼蔵随聞記より 心得経たることをも、幾度も問うて決定すべきなり。
【名句212】菜根譚より 事を練るは、事を省くの閑なるに如かん。
【名句213】論語より 人を傷えるか。
【名句214】宋名臣言行録より 室を掃いて、昼夜を講誦す。
【名句215】菜根譚より 此の心常に看得て円満ならば、天下自ら欠陥の世界無し。
【名句216】菜根譚より 徳は才の主、才は徳の奴なり。
【名句217】言志四録より 年間の人事万端、算え来たれば十中の七は無用なり。
【名句218】言志四録より 事を処する時に臨みては、
聖賢の言語をとりて注脚となすべし。
【名句219】菜根譚より 奇に驚き異を喜ぶ者は、遠大の識なし。
【名句220】三国志より 平らかなるを治むる者は仁義を先にし、
乱るるを治むる者は権謀を先にす。
<<前へ次へ>>

『人間学読書会』で名句名言を学んでみませんか?
  人間学読書会についてはこちら
copyright o-hara