100万人の心の緑化作戦
contents活動内容名句名言出版物お問合せ・参加申込
名言紹介
【名句261】菜根譚より 我が身は一小天地なり。天地は一大父母なり。
【名句262】菜根譚より 寧ろ君子の責脩する所と為るも、君子の包容する所と為るなかれ。
【名句263】論語より 君子固より窮す。小人窮すれば濫す。
【名句264】論語より 君子は本を務む。本立って道生ず。
【名句265】言志四録より 火滅し、水涸れ、人死す。皆跡なり。
【名句266】言志四録より 仮己を去って真己を成し、客我を逐うて主我を存す。
【名句267】正法眼蔵随聞記より 露命消えやすし、時光速やかに移る。
しばらく存ずる間に余事に管ずることなかれ。
【名句268】菜根譚より 奢れる者は富めども足らず。何ぞ倹者の貧にして余りあるにしかん.
【名句269】貞観政要より 貪人は財を愛するを解せざるなり。
【名句270】貞観政要より 心に驕逸を生じ、喜怒、度過ぎんことを恐る。
【名句271】言志四録より 人は少壮の時にあたりては、惜陰を知らず。
四十を過ぎて以後始めて惜陰を知る。
【名句272】言志四録より 躯殻の欲に従えば欲漏る。欲漏るれば神耗す。
【名句273】菜根譚より 身を立つるに一歩を高くして立たずんば、
泥中に足を洗うがごとし。
【名句274】菜根譚より 風疎竹に来る。風過ぎて竹は声を留めず。
【名句275】論語より 剛毅木訥は、仁に近し。
【名句276】論語より 恭、礼に近きときは、恥辱に遠ざかる。
【名句277】宋名臣言行録より 物の成毀も、自ら定数あり。
【名句278】貞観政要より 主となりて貪れば、必ずその国を喪ぼし、
臣となりて貪れば、必ずその身を亡ぼす。
【名句279】言志四録より 史を読む者は、形迹に就きて情実を討ね出すを要すべし。
【名句280】言志四録より 深夜闇室に独坐すれば、一点の燈下闇室を照破するがごとし。
<<前へ 次へ>>

『人間学読書会』で名句名言を学んでみませんか?
  人間学読書会についてはこちら
copyright o-hara