大原学園浜松校 > 資格の大原・社会人 > 簿記3・2・1級
簿記3級 簿記2級 簿記1級
資料請求
1年間短期集中学習

 

ビジネスを語る上で欠かせない必須知識であると同時に、さまざまな資格試験のベースとなる簿記。特に実務で役立つ2級・1級の取得者は、企業から高く評価され、就職の際にも有利。
また、公認会計士や税理士をはじめ、あらゆる分野へのステップアップのベースとなります。

公認会計士が活躍するフィールド

社会人の方には
こんなメリット
  • 損益計算書や貸借対照表の内容や見方が分かる
  • 経理担当者は必須知識
  • 財務データの読み取り、分析ができる
  • 自社の財務状態を知り、経営に活かせる
  • 税理士・公認会計士・ファイナンシャルプランナーなどの会計知識が必要な資格の登竜門となる。また、これらの知識を活かして将来は独立開業も
学生の方には
こんなメリット
  • 簿記検定合格は履歴書に書ける
  • 会計知識のある人材を求める企業は多い
  • 多くの大学で簿記検定を単位認定している
  • 税理士・会計士・ファイナンシャルプランナーなど会計知識が必要な資格の登竜門となるため、将来幅広く活躍する基礎となる

簿記と他資格との関連性

監査 企業が公表する財務書類にお墨付きを与える仕事
MCS 企業の戦略や問題点をコンサルティング
税務 税務書類の作成や税務相談がメインの仕事
その他 会計のプロとしての知識を活かして様々な場で活躍

日商簿記検定に合格するまでの流れ

学習スタート

矢印

受験案内・申込
(11月検定・・・ 9月上旬〜10月上旬)
( 2月検定・・・12月上旬〜 1月上旬)

矢印

日商簿記検定試験
 第147回  平成29年 11月19日(日)
 第148回  平成30年  2月25日(日)

矢印

合格発表(2・3級 試験実施後約1週間)(1級 試験実施後約2ヶ月)

矢印

合格

矢印

合格証書受取

受験資格

年齢・性別・学歴・国籍等一切の制限はありません。

試験科目

実施会場 ・・・ 全国の商工会議所が指定する会場
(大原グループは、一部の学校を除き毎回検定試験会場に指定されています。)

日商簿記3級 試験科目 商業簿記
学習内容 個人商店を前提とした商業簿記及び記帳、決算などに関する初歩的な実務
日商簿記2級 試験科目 商業簿記・工業簿記
学習内容 株式会社の商業簿記及び工業簿記(初歩的な原価計算を含む)
日商簿記1級 試験科目 商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算
学習内容 大規模な株式会社の商業簿記、会計学、工業簿記及び原価計算。
さらに財務諸表規則や企業会計に関する法規

合格基準

3級/ 70点以上(100点満点)
2級/ 70点以上(100点満点)
1級/ 4科目の合計が70点以上。但し、10点に満たない科目が1科目でもある場合は不合格となる。
  〔100点満点(各科目25点)〕

次のステップにお奨めの資格

日商簿記1級

日商簿記2級

日商簿記3級