税理士
資料請求
1年間短期集中学習
占有率

 

税理士は、税理士法に基づき資格を付与された税務のプロフェッショナル。税務のプロとして独占業務を持つ他、それに付随するさまざまな業務を行います。
現在約 67,000 人が税理士として登録し、クライアントの依頼により税務書類の作成、税務調査の立ち会い、税務の相談などの仕事を行っています。日本では、税理士でない者が税理士の業務を行うことは法律で禁止されています。

税に関する3つの独占業務

税務代理/税務書類の作成/税務相談

税理士の活躍フィールド

独立開業/コンサルティング/国際税務/企業内税理士

税理士になるまでの流れ

学習スタート

矢印

受験案内及び申込用紙の交付
(例年5月上旬〜6月上旬 各国税局・沖縄国税事務所で交付)

矢印

受験申込の受付
(例年5月下旬〜6月上旬の約10日間 各国税局・沖縄国税事務所で受付)

矢印

税理士試験(例年7月下旬〜8月中旬の平日3日間(試験時間:1科目2時間))
受験地は札幌/仙台/東京/埼玉/川越/名古屋/金沢/大阪/京都/広島/高松/福岡/熊本/那覇

矢印

合格発表(例年12月中旬)

矢印

合格科目通算5科目達成

矢印

税理士会に名簿登録
登録時の条件として会計に関する事務など通算して2年以上従事している必要があります。

矢印

税理士

受験資格

学識によるもの
  • 大学または短大を卒業した方 ※学部・履修学科について制限あり
  • 大学3年次以上の学生で62単位以上または、36単位(うち最低24単位の一般教育科目※ 外国語および保健体育科目は含まない。)以上取得した者
    (法律学または経済学等を取得している者に限る)
  • 専修学校の専門課程を卒業し、法律学または経済学を修めた方
  • 司法試験第一次試験合格者
資格によるもの
  • 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
  • 社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降)

※上記資格のほか、職歴によるものや、認定による受験資格もあります。

試験科目

必須科目 簿記論・財務諸表論
選択必須科目 所得税法、法人税法(最低いずれか1科目選択)
選択科目 相続税法・国税徴収法・固定資産税・事業税または住民税・酒税法または消費税法

次のステップにお奨めの資格