行政書士
資料請求
1年間短期集中学習

 

コンサルティングから書類作成まで、法律知識でトータルサポート

行政書士の魅力、それは独立開業できること。だから行政書士の収入は、実力とがんばり次第。また、すぐに開業する気がなくても大丈夫。一度合格しさえすれば、いつでも開業できます。一方、行政書士は他の資格・試験と関連性が強いため、資格取得の第一歩。そしてWライセンスに最も適した資格と言えます。

行政書士の業務とは

行政書士は「町の法律家」として、たとえばこんな仕事をしています。

  1. お寿司屋さんなどの飲食店、カラオケボックスなどの風俗店、建設業、美容室などの営業を始める場合の営業許可申請書の作成・相談業務
  2. 不動産取引における農地の権利移動許可申請書や開発許可申請書の作成・相談業務
  3. 外国人が入国や在留する場合の手続書類の作成・相談業務
  4. 遺言書、遺産分割協議書、離婚協議書の作成・相談業務
  5. 交通事故や美容事故における損害賠償請求書の作成・相談業務
  6. 警察に対する告訴状の作成・相談業務
  7. 株式会社、持分会社、NPO法人設立・相談業務

行政書士を活かす!学習知識を活かす!

行政書士の取得はあなたの可能性をさらに広げます。

おすすめの理由(1) 就・転職対策として最適
現在の雇用環境は非常に厳しく、就・転職の際、自己PRに国家資格の肩書きは大きな武器になります。広範囲な法律知識を持つ行政書士資格は企業における即戦力の人材として必要とされるはずです。
おすすめの理由(2) 公務員試験の準備として最適
公務員試験と行政書士試験は学習分野の多くが重なっています。国家II種や地方上級を希望される方は、まず基礎的な部分をこの行政書士からはじめることで公務員試験への確実な一歩となります。また、多くの科目を学習しなければならない公務員試験の学習負担を軽減させることにもつながります。
おすすめの理由(3) Wライセンスに最適
行政書士試験に合格するとすぐに独立開業できます。しかし行政書士試験は法律分野を幅広く学習するため、ほかの法律系資格のステップアップするのにも最適です。また実務においても他資格を併せ持つことで活躍の場を広げることもできます。このように、行政資格はほかの法律系資格への出発点といえるでしょう。

行政書士になるまでの流れ

学習スタート

矢印

願書受付(8月上旬〜9月上旬)

矢印

本試験(11月第2日曜日)

矢印

合格発表(翌年1月第5週)

矢印

合格

矢印

登録

矢印

行政書士

受験資格

年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく誰でも受験できます。

試験科目

行政書士の業務に関し必要な法令等
(46題)
憲法・行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする。)、民法、会社法、商法、基礎法学
行政書士の業務に関連する一般知識等
(14題)
政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解

次のステップにお奨めの資格