大原学園浜松校 > 資格の大原・社会人 > ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
資料請求

 

人生と資産のアドバイザー、それがファイナンシャルプランナー

1人ひとりのライフプランに合わせた効果的な資産計画と、次世代への相続・事業承継の設計・提案が、ファイナンシャル・プランナーの大きな仕事です。豊富な知識を駆使して、長期的な視野からライフプランや資産運用のアドバイスをしてくれるのがファイナンシャル・プランナーなのです。

ファイナンシャル・プランニングとは?

ファイナンシャル・プランニングとは

Wライセンスで広がるビジネスチャンス

税理士・公認会計士、社会保険労務士、中小企業診断士、宅建主任者などの独立資格の方はもちろん、会計の基礎学習となる簿記との関連も深く、簿記の学習経験者にもぜひFPの学習をおすすめします 。

  • 税務・会計のスペシャリスト「税理士・公認会計士」
  • 労務・社会保険のスペシャリスト「社会保険労務士」
  • 経営コンサルティングのプロフェッショナル「中小企業診断士」
  • 不動産取引のエキスパート「宅建主任者」
ファイナンシャル
プランナー

ファイナンシャルプランナーになるまでの流れ

学習スタート

矢印
日本ファイナンシャル・
プランナーズ協会主催
金融財政事情研究会主催

3級FP技能検定
試験月:年3回(1月・5月・9月)

矢印

AFP資格審査
認定条件を満たしていれば2級合格後「AFP」として登録可能。
 
矢印
2級FP技能検定
試験月:年3回(1月・5月・9月)
 

矢印
矢印

CFP資格審査試験
試験月:年2回(6月・11月)
1級FP技能検定
※大原では現在開講しておりません。

矢印
矢印

FP(ファイナンシャル・プランナー)

受験資格

3級FP
技能検定
なし(FP業務に従事している者または従事しようとしている者)
2級FP
技能検定
次の1〜4の要件のうちいずれかに該当すること。
  1. FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者(自己申告制)
  2. 3級FP技能検定の合格者
  3. 厚生労働省認定金融渉外技能審査(旧金財FP)3級合格者
  4. NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
1級
技能検定
次の1〜3の要件のうちいずれかに該当すること。
  1. FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者(自己申告制)
  2. 2級FP技能検定の合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
  3. 厚生労働省認定金融渉外技能審査(旧金財FP)2級合格者で1年以上の実務経験を有する者
※NPO法人日本FP協会が実施するCFP合格者は1級の学科試験を免除
AFP
(認定条件)
次の1〜3の条件を全て満たすこと。
  1. NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修を終了すること。
  2. 2級FP技能検定に合格すること
  3. 日本FP協会に会員登録をすること
※当校の2級FP基本講義は、AFP認定研修の承認を受けています。
CFP AFP登録者(日本FP協会正会員)
※20歳未満は受験不可

 

試験科目

3級
技能検定
学科
試験
ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継
実技
試験
次の科目から1つを選択して受験
個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務
※大原のFP講座は「個人資産相談業務」に対応しています。
2級
技能検定
学科
試験
ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継
実技
試験
次の科目から1つを選択して受験
【金融財政事情研究会 実施科目】
個人資産相談業務・中小事業主資産相談業務・生保顧客資産相談業務・損保顧客資産相談業務
【日本FP協会 実施科目】
資産設計提案業務
※大原のFP講座は「資産設計提案業務」に対応しています。
★CFP 金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計

次のステップにお奨めの資格