大原学園浜松校 > 資格の大原・社会人 > ITパスポート
ITパスポート
INFORMATION
資料請求
1年間短期集中学習

 

情報処理環境を構築するリーダーに!

ITパスポート試験は新たに新設された試験で、出題数は100問、試験時間は120分です。ITに携わる職業人に、共通的に求められる基礎問題となる3つの分野それぞれについて基準点が設けられているため、分野に偏らず得点できるようにする必要があります。IT資格教育で20年以上の実績ある大原で、計画的に学習されることが合格への最短コースといえます。

こんな人に向いている!

就職・転職を考えている方/社内の情報化推進リーダーをめざす方/情報関連の資格試験をめざす方/パソコンを業務に活かしたい方。

活躍するITパスポートの人材像

  • 自部門の業務の流れを体系的に把握し、情報システムと関連づける一般的な知識・応用力がある
  • 情報システムの知識と技術があり、利用者の立場で活用でき、改善点を提案できる能力がある
  • パソコンの技術的知識と、ワープロや表計算、データベースを業務に活用できる能力がある

ITパスポート(CBT方式)資格取得までの流れ

学習スタート

矢印

願書受付期間(2011年11月以降は試験会場により随時)

矢印

試験日(2011年11月以降は試験会場により随時)

矢印

合格発表(2011年11月以降は試験日当日)

矢印

合格

受験資格

なし

試験・ネ目

出題形式 ・・・ 全問マーク式解答
 四肢択一(100問必須)
 100問の内訳(2016/3/5以降)
 小問形式(1問の中に1つの設問がある試験問題):100問
 

合格判定基準・・・1,000点満点
 総合得点(分野別得点の合計):満点の60%
 分野別得点:分野別得点の30%

次のステップにお奨めの資格