大原学園浜松校 > 資格の大原・社会人 > ジュニア・プログラミング
ジュニア・プログラミング
INFORMATION
  • 2020年度から小学校での教育必修化が検討されている「プログラミング」。資格の大原でも情報処理講座のノウハウを活かして開講します!
  • 9月秋季短期講座実施!9/26(水)からスタート!毎週水曜日全4回!
  • 無料体験セミナーを8/25(土)に実施!くわしくはコチラをご覧ください!(浜松市教育委員会後援)
資料請求
1年間短期集中学習

 

プログラムで論理的思考を育む!

今や誰もがパソコンでソフトやアプリを使って文章を印刷したりゲームを楽しんだりできますが、2020年度からは小学校でソフトやアプリを作る技術「プログラミング」の授業がスタートする予定です。それに先駆けて資格の大原では、はじめての方でも、まずはプログラミングのしくみがかんたんにわかる「Scratch(スクラッチ)」を使ってゲームを作りながら楽しく学習できる「ジュニア・プログラミング講座」を開講します。サーティファイ情報処理能力認定委員会主催の「ジュニア・プログラミング検定」も受検可能です。

受講の対象者

小学校4年生〜6年生およびその保護者様

「ジュニア・プログラミング検定」で習得できる3つのチカラ

  1. 論理的思考力・・・順序だてて物事を考えるチカラが身につきます。
  2. 問題解決力・・・問題に直面したときにどこに間違いがあるのかその原因を探し出すことで問題解決をしていくチカラが身につきます。
  3. 創造力・・・プログラミングを作っていくとき、いろいろなアイデアが頭に浮かんできます。そのアイデアをまとめることで豊かな想像力が身につきます。

ジュニア・プログラミング検定受験までの流れ

学習スタート

矢印

願書による申し込み(講義内で随時)

矢印

受験(検定会場により随時)

矢印

合格発表(受験後約3週間)

矢印

合格証書の受け取り

受験資格

なし(どなたでも受験が可能です)

試験内容

主催・・・サーティファイ情報処理能力認定委員会
試験名・・・ジュニア・プログラミング検定Scratch部門(クリックで検定HP)
出題形式 ・・・ Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラミングを行う。
設定級・・・Entry(4級)・Bronze(3級)・Silver(2級)・Gold(1級)
合格判定基準・・・得点率が60%以上

次のステップにお奨めの資格