大原学園名古屋校 > 資格の大原・社会人 > 教育給付金制度
教育給付金制度

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度とは、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的として、一定の条件を満たした社会人の方を対象に厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、受講料(入学金含む)の20%が支給されるという制度です。とてもすばらしい制度ですから積極的に利用される事をお勧めします。

被保険者で
あった期間
3年以上
(ただし当分の間、初回に申請された方に限り「1年以上」となります。)
受給条件
  1. 厚生労働大臣指定の講座を受講し、修了すること。
  2. 学費が本人の負担であること。(事業主名義の領収証が発行された場合は対象外)
  3. この制度を利用できるのは、3年間で1回1講座のみです。
給付金額 実際に納入した受講料の20%が支給されます。限度額10万円。
受給手続
  1. 講座申込時に必ず「給付金制度適用希望」とお申し付け下さい。
  2. 受講開始後のお申し出は受付できません。ご注意下さい。
  3. 講座に出席して下さい。毎回出席確認があります。
  4. 「※受講修了要件」を満たした方のみ修了とし、給付金申請に必要な証明書と領収書を当校で発行します。
  5. 証明書、領収書以外に指定された書類を添えて受講終了日の翌日から1ヶ月以内に所管の職業安定所に提出して下さい。

※受講修了要件
下記の両方を満たす必要があります。

  1. 講座終了時に出席率が80%以上あること。
  2. 教科ごとに実施される試験の得点が、その科目の60%以上であること。または本校が実施する全国統一模擬試験に合格すること。