選べる6つの学費納入方法
各学年一括納入タイプ
年間一括納入次年度の学費を3月15日までに一括納入します
半期一括納入次年度の学費を前期分(納入期限3月15日)と後期分(納入期限7月15日)の2回に分けて納入します
各学年完納タイプ
年間一括納入入学手続時に280,000円を銀行振込で納入し、以後毎月定額をゆうちょ銀行口座より自動引落します
毎月納入額 75,000円
半期一括納入日本学生支援機構奨学金制度の適用を受ける方は、奨学金の交付を受けながら学費納入できます
毎月納入額 75,000円
卒業後 延長納入タイプ
年間一括納入上記3のケースの毎月引落額を軽減し、納入金額を卒業後に延納します(延納願は学園提携ローン)
毎月納入額 55,000円
半期一括納入上記5の毎月引落額をさらに軽減したタイプです
毎月納入額 45,000円

◆ゆうちょ銀行引落に関しての手続き

  • ゆうちょ銀行引落には、「学生名義のゆうちょ銀行口座」が必要となります。
  • 毎月15日に、引落手数料(10円/1回)とともに自動引落となります。
    • 1.年間一括納入、2.半期一括納入の方で、特に「銀行振込」を希望する場合は、銀行振込希望の旨を連絡してください。
    • 4.奨学金利用納入の場合は、1年次6月15日からの自動引落になります。日本学生支援機構奨学金制度を利用される方は、6月11日に4・5・6月分の奨学金が学生の講座に振り込まれます(見込み)ので、6月14日までに「ゆうちょ銀行」の引落口座に振り替えておいてください。
    • 「ゆうちょ銀行口座」が1年次の4月15日までに作成できなかった場合には、4月15日分を銀行振込により納付していただきます。
     

◆卒業後延長納入タイプ(5~6)を選択される場合

  • 延納される額に関しては、延納額を学園提携ローンを利用して延長納入していただきます。(卒業時一括納入もできます)
  • 延長納入の場合には、延長納入額に関して年3.5%の分割手数料が発生します。

◆特別奨学生として授業料免除に該当する場合

  • 1、2の「各学年一括納入タイプ」を選択された方は、入学手続き時に学納金から免除額を控除します。
  • 3、4の「各学年完納タイプ」を選択された方は、免除額を1年次3月に銀行振込により返還します。
  • 5、6の「卒業後延長納入タイプ」を選択された方は、卒業後の延納額より控除します。
  • 中途退学者は減免の適用がありません。

資格または経歴によって認定する特別奨学生制度
取得資格名および経歴 免除金額
税理士科目(1科目以上) 平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
720,000円免除
その他の者 授業料総合計のうち
360,000円免除
日本商工会議所 簿記検定1級
全国経理教育協会 簿記能力検定上級
経済産業省 応用情報技術者
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
360,000円免除
その他の者 授業料総合計のうち
180,000円免除
介護福祉士
日本英語検定協会 実用英語技能定2級
TOEIC 550点以上
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
180,000円免除
その他の者 授業料総合計のうち
100,000円免除
経済産業省 基本情報技術者
日本漢字能力検定協会 日本漢字能力検定2級
日本英語検定協会 実用英語技能検定準2級
TOEIC 450点以上
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
100,000円免除
その他の者 授業料総合計のうち
50,000円免除
経済産業省 ITパスポート
公務員1次筆記試験合格
日本商工会議所 簿記検定2級
日本商工会議所 販売士検定1級
国内旅行業務取扱管理者
日本漢字能力検定協会 日本漢字能力検定準2級
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
80,000円免除
日本商工会議所 簿記検定3級
全国経理教育協会 簿記能力検定1級
全国商業高等学校協会 簿記実務検定1級(会計又は原価計算)
日本ビジネス技能検定協会 仕訳能力認定2級
全国商業高等学校協会 情報処理検定1級
(ビジネス情報部門又はプログラミング部門)
全国工業高等学校長協会 情報技術検定1級
日本電卓技能検定協会 電卓技能検定有段者
日商PC検定1級
実務技能検定協会 秘書技能検定2級
介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)
危険物取扱者乙4類
武道(柔道、剣道、弓道、合気道など)有段者
スポーツで全国大会の県予選に出場し団体または個人での入賞者
芸術(音楽、美術、書道など)の分野で県コンクール入賞者
およそ1ヶ月以上のホームステイ または語学留学経験者
生徒会活動またはクラブ活動の経験者で顧問または監督から特に推薦を受けられる者
高校在学中 皆勤者(出願時において)
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
50,000円免除
全国経理教育協会 簿記能力検定2級
全国商業高等学校協会 簿記実務検定2級
全国商業高等学校協会 情報処理検定2級
(ビジネス情報部門又はプログラミング部門)
全国工業高等学校長協会 情報技術検定2級
日本商工会議所 珠算能力検定3級以上
全国珠算教育連盟 珠算検定3級以上
日商PC検定1級
マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)
実務技能検定協会 秘書技能検定3級
日本数学検定協会 実務数学技能検定2級
日本ビジネス技能検定協会 医療事務基礎検定
日本ビジネス技能検定協会 ビジネスマナー基礎検定
日本ビジネス技能検定協会 販売接客基礎検定
日本ビジネス技能検定協会 高齢者福祉基礎検定
平成30年3月
高校卒業見込者
授業料総合計のうち
30,000円免除
全国大原グループ各校の専門課程卒業生 その他の者 入学金200,000円および
授業料総合計のうち200,000円免除
4年制大学卒業者(平成30年3月卒業見込者含む)
短期大学卒業者(平成30年3月卒業見込者含む)
専門学校(2年制以上)卒業者(平成30年3月卒業見込者含む)
その他の者 授業料総合計のうち200,000円免除

  • 応募方法/「入学志願書」裏面の資格・経歴に○印をつけ、合格証書のコピーを添えて出願してください。
  • 入学志願書の提出後でも平成30年3月31日までに免除対象事由が発生した場合は、特別奨学生の適用を受けることが出来ます。その際には、入学係まで連絡の上、証明書類、または合格証書のコピーを提出してください。
  • 特別奨学生申請書類の提出期限は平成30年4月15日です。


兄弟姉妹等特別奨学生制度
名古屋大原学園各校の専門課程の在学生及び卒業生の兄弟姉妹、並びに専門課程卒業生(1年以上在籍者を含む)の子女が専門課程に入学した場合は「兄弟姉妹特別奨学生」として授業料総合計のうち100,000円を免除します。
入学志願書(裏面)の「兄弟姉妹特別奨学生」に◯印をつけ、在学する又は卒業した兄弟姉妹の学生証のコピー又は卒業証書のコピーを添付してください。
※兄弟姉妹が同時に専門課程に入学した場合は、「兄弟姉妹等特別奨学生」として一人分から100,000円を免除します。

日本学生支援機構奨学金
出願期間 第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額 自宅通学 30,000円または50,000円
自宅外通学30,000円または60,000円
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円より選択
入学時特別増額 希望により、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円より選択
保障制度 人的保証および機関保証
機関保証を選択した場合は、保証料がかかります。
貸与開始 入学年度6月 入学年度6月
初回貸与金額 上記貸与月額(4・5月分も合わせて貸与) 上記貸与月額(希望により4・5月分も合わせて貸与可能)