警察官 消防官 海上保安官
入国警備官 皇宮護衛官
刑務官 自衛官
愛知県警察本部 警視庁
名古屋市消防局 各市消防本部
海上保安庁 入国管理局 防衛省

数多くの卒業生が活躍しています。

大原法律公務員専門学校では、全日制の強みを活かし豊富な学習時間、出題傾向を分析した模擬問題を活用し毎年多くの学生が公務員に合格しています。

Point1 救命講習プログラム

緊急時・災害時において迅速に対応できる消防官・警察官になるために救命処置技術を学びます。公安系公務員としての素質を底上げします。

Point2 職場見学プログラム

警察本部や消防署、市役所へ行き、仕事を実際に体験します。働く警察官や消防官、市役所職員と接することで、試験へのモチベーションを高め、叶えたい夢に近づけます。

Point3 体力トレーニング

警察官や消防官など公安職として活躍するためには強靭な身体が欠かせません。体力試験では、腕立て伏せ、上体起こし、懸垂、シャトルラン、階段ダッシュ、片足バランス、バーピーなど試験によって種目は異なりますが、運動能力よりも基礎体力が問われます。大原式体力トレーニングでは体幹トレーニングを中心に、全身の各部位の筋力が鍛えられ、試験の突破に必要な瞬発力や持久力などが必ず得られます。

Point4 チームスタディ

クラス内でチームをつくり、一緒に勉強をします。ちょっと難しい問題も、友達となら一緒に楽しく解くことができます。授業で身につけた知識の定着に役立ち、授業とチームスタディで合格へ導きます。

Point5 面接効果測定

公務員試験において避けて通れないのが面接試験です。面接力を養うために定期的に面接の授業を実施し、スキルアップを図ります。また、面接の実力を測るために面接効果測定を実施し、個人のレベルに応じたきめ細かい指導を行います。本番の試験までに確かな面接力を育てます。

Point6 集団討論対策授業

面接試験とは異なり気配りや雰囲気づくりなど自己アピール以外のスキルが求められる集団討論。大原オリジナルの“無敵の型”をマスターすれば、本番の試験でもディスカッションの中心となれます。

Point7 弱点強化塾

計算力やパズルを解く力が要求される数的推理と判断推理。苦手な人も多いですが絶対に克服しなければならない超重要科目です。長期休暇に実施される弱点強化塾では、普段の授業よりもゆったりペースで集中して苦手問題に取り組めます。これを利用すれば休み明けテストの得点アップ間違いありません。また得意な人には難問にチャレンジできる得意強化塾もあります。

自信のなかった教養が最強の武器になりました!

高校時代は部活動中心の生活で、教養に関する知識がほぼゼロの状態でした。しかし、先生方に分からないところは分かるまで丁寧に指導していただき、自信を持って問題に取り組めるようになりました。本番の試験ではリラックスして臨めるほど成長できたと思います。

三重/津田学園高校出身 寺本 勇輝さん
内定先: 四日市市消防本部