大原学園名古屋校 > 資格の大原・社会人 > 建設業経理士
建設業経理士
資料請求

 

建設業界の必須スキルそれが建設業経理士

建設会社には欠かせない人材

・建設関連企業に勤務中の経理マン
・簿記資格取得者
・建設分野に就職希望の学生
これらの方々にとって建設業経理士の知識は職務上重要なスキルです。

建設会社の経営基盤を支える会計処理のプロフェッショナル

建設業者における会計処理の知識と能力の向上を図り、経営の改善に資することを目的として実施されるようになった「建設業経理検定」。日商簿記検定試験等の一般的簿記知識に加え、業界内の独自の簿記知識が要求されますが、その大部分の学習範囲は重複しているので日商簿記検定学習者には大変取得し易い資格と言えます。

建設業経理検定の出題傾向と日商簿記の学習範囲との関係

新たに学習が必要となる項目
建設業経理事務士3級 → 日商簿記3級 + 工事原価の記帳方法、完成工事高の記帳方法
建設業経理士2級 → 日商簿記2級 + 工事収益の計上基準
建設業経理士1級財務諸表 → 日商簿記1級 + 共同企業体の会計
建設業経理士1級財務分析 → すべて新しい内容
建設業経理士1級原価計算 → 日商簿記1級 + 社内センター制度、損料計算制度

建設業経理士になるまでの流れ

学習スタート

矢印

願書販売・申込期間(例年11月頃・5月頃)

矢印

建設業経理(事務)士試験(例年3月・9月の2回実施)

矢印

合格発表(例年5月・11月頃)

矢印

合格

矢印

建設業経理士

受験資格

どなたでも受験できます。また、どの級からでも受験することができます。
(なお、1級の各科目と他の級との実施時間が重なる為、併願できない場合があります。)

試験科目

試験科目(内容) 時間 出題数 対象者の目安
3級 建設業簿記
原価計算
120分 5題 一般記帳係
2級 建設業簿記
原価計算
会社会計
120分 5題 会計主任者
1級 財務諸表 90分 5題 会計責任者
財務分析 90分 5題
原価計算 90分 5題

次のステップにお奨めの資格

建設業経理士1級

建設業経理士2級

建設業経理事務士3級