平成30年受験 教員(東海版)デジタルパンフ
12/16

11教員採用試験ガイド試験の流れ一次、二次試験の主な内容教員としての学力が問われる筆記試験人物を見る論作文・面接試験・適性検査1教職教養教育原理・教育法規・教育心理・教育史・教育時事教育学や国の教育行政の方針や内容、教育をとりまく現状、志望自治体の教育行政方針を把握しているかが問われます。実技力を見る実技試験2一般教養人文科学・社会科学・自然科学・国語・数学・英語等教員に必要なバランスある教養力が問われます。近年は、受験自治体の知識や時事、情報に関する問題などが多く出題されています。3専門教科受験上の校種・科目教員が実際に教壇に立って教えることになる科目であり、幅広く深い知識と教科教育法などが問われます。1論作文教育観や教育現場の問題・現状を問う題材が与えられ、概ね40~90分で600~1200字を書きます。個人面接・集団面接・集団討論・模擬授業など人物重視の傾向を反映し、一次二次試験の両方で、様々な形態によって教員への適性が判断されます。2面 接クレペリン、MMPIなど代表的な人格測定検査が用いられ、教員への適性が判断されます。3適性検査一次試験日程※試験日程は、年によって異なります。 詳細は必ず各自で各自治体にお問い合わせください。3月~5月4月上旬~6月上旬5月上旬~6月下旬6月下旬~7月下旬8月上旬~9月下旬8月上旬~10月上旬9月上旬~10月下旬10月上旬~翌年3月4月1日辞令採用説明会募集要項配布願書提出一次試験合格発表二次試験合格発表教育委員会・学校長面接採用一次試験※試験の流れは自治体により異なります。体育・音楽・技術家庭・英語・工業などの教科で実施されています。一次試験の日程は概ね6つに分けることができます。近隣の都道府県(市)が同一日に試験を実施しますので注意してください。6月第5週その他7月第2週7月第3週7月第4週7月第1週試験ガイド

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る