通関士・貿易事務
資料請求

 

税関への提出書類の審査・記名押印などを行うスペシャリスト

通関士は一言でいえば税関と輸出入業者間の複雑な事務を輸出入業者に代わって行う専門家であり、主な仕事は税関への提出書類を事前に不備がないかどうかチェックし、不備がなければその書類に記名押印する事です。ここ数年、受験者数は試験の難易度とともに上昇傾向にあり、学生や女性の受験者も増えています。今後さらに注目を浴びる職業になると予想されます。今がチャンス、ぜひチャレンジしてみてください。

通関業務とは

日本から貨物を輸出入する場合、税関に申告し必要な審査を受け、税関長の許可を受けなければいけません。また輸入の場合、関税を納付しなければ許可を受けることができません。これらの税関への手続きを中心とした業務を通関業務といいます。

通関士とは

通関手続には、適正な申告を行うための専門能力が要求されます。そのため通関業者は営業所ごとに1名以上の専任の通関士を設置し、税関に提出する書類等を審査し、記名押印をすることが法律により定められています。

通関業者とは

日本の経済は輸出入なしでの発展はありえません。通関業者は、複雑な通関業務を他人の依頼を受け代理、代行する専門家です。
主に運送業者、流通関連業者、製造業、販売業、商社などが通関業務の代行業務や自社通関を行っております。

通関士になるまでの流れ

学習スタート

矢印

願書配布・受付(7月上旬〜8月上旬)

矢印

本試験(10月第1日曜日)

矢印

合格発表(11月下旬)

矢印

合格

受験資格

学歴、年齢、経歴、国籍等についての制限がありません。どなたでもこの試験を受けることができます。

試験科目

(1) 通関業法
(2) 関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法
(3) 通関書類の作成要領その他通関手続きの実務

税関への提出書類の審査・記名押印などを行うスペシャリスト

貿易実務とは

国際社会となった今、我が日本にとって貿易実務は欠かすことのできないビジネスです。一言に貿易実務といっても、その内容はマーケティング、通関、保険、為替等大変幅広い知識が要求されます。貿易実務検定合格者は、これらの内容につき、書類作成、アドバイス等貿易部門で中心的な役割を担っており、またスペシャリストとして企業内でも高い評価を得ている資格なのです。

貿易実務検定合格までの流れ

学習スタート

矢印

受験案内・申込
3月検定  1月中旬
5月検定  3月中旬
7月検定  5月中旬
10月検定  8月中旬
12月検定 10月中旬

矢印

貿易実務検定試験
3月 第1日曜日
5月 第2日曜日
7月 第1日曜日
10月 第1日曜日
12月 第1日曜日

矢印

合格発表
各月検定 試験終了から約3週間後

矢印

合格

受験資格

学歴、年齢、経歴、国籍等についての制限がありません。どなたでもこの試験を受けることができます。

試験科目

(1) 貿易実務  (2) 貿易英語